トーヨータイヤTOP > 楽しむ・学ぶ > 初心者必見!カーライフ講座 > Q2.水抜き剤って何?

初心者必見!カーライフ講座

Q2

クルマの水抜き剤って何ですか?

A2

水抜き剤は、ガソリンタンクに溜まった水を
ガソリンと一緒に燃やす手助けをするものです。

水が発生するのはなぜ?

例えば、コップに冷たいジュースを入れると、コップの外側に水滴ができますよね。それはコップ表面の温度が、コップの外の空気よりも低くなったからです。つまり、空気に温度差があると水が発生します。

クルマの場合

この上の例で、コップをガソリンタンクに置き換えて考えてみましょう。ガソリンタンク内に入り込んだ空気と、ガソリンタンクの内壁との温度差により、水(水滴)が発生します。特に夏・冬は気温差が大きく、このような状態が起きやすくなり、ガソリンタンク内に水が溜まります

水抜き剤の役割とは?

水抜き剤は、ガソリンタンク内に溜まった水をガソリンに溶かす作用があり、エンジンに送り込んでガソリンが燃える時に水を気化(※1)させています。ガソリンタンク内の水をそのままにして置くと、タンクがサビる原因になり、燃料の供給系の故障につながることがあります。

(2008年8月現在)

(※1)気化
蒸発すること。液体から気体に変わる現象。



CLOSE