トーヨータイヤTOP > お問い合わせ・Q&A > タイヤ関連用語集 > クラック

タイヤ関連用語集

クラック

タイヤのひび割れを「クラック」といいます。
タイヤの寿命は一概には言えませんが、あまり走らせていないタイヤでも経年変化によってゴムの劣化が起こるのは避けられません。目に見えてわかるのが、ゴムのひび割れ。クラックと呼ばれているものです。

グループクラック(溝割れ)
トレッド溝底部に発生するゴム割れ。溝にそって部分的に発生することが多いが、長時間そのまま走行しているとゴム割れが成長し、全周にわたる場合もある。
グループクラック(溝割れ)
チェッキング(ひび割れ)
サイド部のゴム表面に発生する無数の細かいひび割れ。
チェッキング(ひび割れ)

関連ページ

タイヤの使いかた・保守点検│タイヤの故障とは
「走れ!タイヤくん」 第17回 タイヤのお手入れ徹底ガイド
「何でもタイヤ講座」 Q6.タイヤの保管のポイントは?
「何でもタイヤ講座」 Q12.タイヤの寿命はどのくらい?


関連用語

タイヤ関連用語集

カットコード切れ(C.B.U)セパレーション


カ行


  • フリーワード検索
  • よくあるお問い合わせ
  • カテゴリから探す
  • キーワードで探す
  • タイヤ関連用語集
  • お問い合わせ窓口


CLOSE