トーヨータイヤTOP > お問い合わせ・Q&A > タイヤQ&A > タイヤの基礎知識 > Q.タイヤの4つの働きとは

タイヤQ&A

タイヤの4つの働きとは

タイヤには、支える・伝える・曲がる・やわらげるなどの4つの働きがあります。
タイヤと路面とは、ハガキ1枚大の接地面によりつながり、1トンもある車重を4つの面で支えると共に、エンジンのパワーを伝え、車の動きを作り出しています。
また、その接地面はタイヤの回転と共に常に移動し、路面との接地の一瞬々に、駆動力を伝え、進行方向性を生み、車重を支え、衝撃をやわらげる等の多彩な機能を、連続的に発揮しているのです。

もっと詳しく

閉じる

タイヤの4つの働き

タイヤには、支える・伝える・曲がる・やわらげるなどの4つの働きがあります。

  • 支える
    ドライバーの体重、自動車の重量をたった4本のタイヤが力強く支えます。
  • 伝える
    エンジンの力や、ブレーキングの力を路面へタイヤが確実に伝え、車を前へ、後へ進ませ、そして、確実に停止させます。
  • 曲げる
    ドライバーが望む場所へ車の進むラインをタイヤが自由に変えます。
  • やわらげる
    路面の凸凹による衝撃を、タイヤが内部の空気を利用してやわらげ、ドライバーに優しい乗り心地を提供します。

感じる

タイヤには、支える・伝える・曲がる・やわらげるなどの物理的機能性と連動し、もう一つの重要な機能があります。路面の状態やクルマの挙動を知り、ドライバーの触覚器官としてのタイヤの感覚的機能がそれです。感覚器官としてのタイヤの役割は、路面からの情報をドライバーが 感じる → 操作する 上での重要な機能です。



タイヤQ&A


  • フリーワード検索
  • よくあるお問い合わせ
  • カテゴリから探す
  • キーワードで探す
  • タイヤ関連用語集
  • お問い合わせ窓口


CLOSE