動楽メール読者の皆さまに聞きました!おすすめ『穴場ドライブスポット』  
  第一回秋の夜長編日本の亜熱帯化が進み(?)、9月頃まで「夏」を引っ張っていますが、そこは気の持ちよう!暑さに参った時にこそ、来るべき秋に備えて「穴場ドライブスポット」をチェック!
というわけで、秋の夜を楽しむためのドライブスポットです。

 
   
 
秋の花火 「土浦花火大会」
 
 
  道楽坊や皆さんは、ご存知ですか?
全国の花火師が集まって腕を競う花火大会が、毎年10月に土浦で行われているのです。
 
  花火花火  
  写真提供:Uzak様  
     
  茨城県 「A.S」様より、その花火大会を見るのにおすすめのスポットをご紹介いただきました♪  
 
穴場ドライブスポット
つくば山頂付近
おすすめポイント
かの有名な全国花火師が打ち上げる土浦の花火が確実に見られる!
アドバイス
一日中つくば周辺のドライブを楽しんでから、夕方17時30分頃には一番いい場所を取ル事!少し涼しいかもしれないので、セーターを持参!
道案内(東京から行く場合)
常磐自動車道土浦北I.Cを降りて国道125号の筑波方面に向かう⇒
2つ目の信号を右折(角にコンビニ スパー)⇒
これを直進(これが県道199号で途中途中にフラワーパークの標識あり※A)⇒
上り坂が終わるあたりの左側が開けて見える⇒
3番目のPのマークがあるところに車を止めると1本の木とハングライダーの滑走板がある※B⇒
ここがおすすめポイント地点
 
     
 
「A.S」様に、
もっとしつも〜ん!
道楽坊や
 
 
動楽カドマエ:
「つくば周辺のドライブスポットで、おすすめはどこですか?」
A.S様:
「この道路の100M先に分岐点があり、右に曲がるとおすすめのフラワーパークがあります。また、ふもとには動物ワンワンランドもあります!」

動楽カドマエ:
「花火の場所とりのポイントは、ありますか? 17:30頃でも充分間に合いますか?」
A.S様:
「ほとんどの人は、花火の醍醐味を味わうために土浦の打ち上げ場所の近くで見るので、多分混雑はないと思います。あまり、わかり易い所ではないので、昼のうちにフラワーパークに行きながら、下見をした方が良いかもしれません。」

動楽カドマエ:
「つくば山頂からでも、花火は大きく見えますか?」
A.S様:
「本当に花火だけを見に行くのであれば、あまり小さいのでおすすめ出来ませんが、カップルでドライブの途中で見るのであれば、ロマンチックなことは、間違いありません。

写真※Cは、ガスがかかっていますが、実際の花火は、10月の第1週の土曜日なので、雨が降らなければすっきり見えると思います。
この情報に関しましては、私が実際行った時の事なので、もし実際に行ってイメージと違ってもクレームは、なしにしてくださいネ!」

 
     
 
※A ※B ※C
※A   ※B   ※C
 
  写真提供:茨城県 A.S様  
   
 
地元ならでは「とっておき夜景」!  神戸&大阪
 
  道楽坊や実は、トーヨータイヤは大阪にも本社があります。だからというわけでもないのですが、夜景の第1弾は関西編。神戸の夜景は紹介してくださった方が多く、とても迷いました。  
  奈良県 「奈良のアレックス」様より  
 
穴場ドライブスポット
奈良県と大阪府の県境 生駒信貴スカイライン
おすすめポイント
空気の澄んでいるときはそこから明石大橋が遠くに見える。淡路島と一緒に。
夜は、大阪の雑踏が全く見えなくて、美しい夜景と明石大橋の小さなライトがとても美しい。
アドバイス
熱いホットコーヒーを持っていくこと(私が好きだから)。店類はいっさいなし。
道案内(大阪から行く場合)
まず、阪神高速道路東大阪線を東に走り、水走出口で出る。
そのまま東に150m位行くと外環状線に出るので、左折。
約5Km走ると、阪奈道路に曲る道案内あり。その右手に大阪産業大学の大きな建物が見えたら、次の高架を越えないで側道を走り、すぐの信号を右折すると阪奈道路。
阪奈道路をひたすら上に上に上っていくと、生駒信貴ドライブウェイ。
その道路をひたすら15ないし20Kmくらいで、展望台に出る。
そこから、大阪の夜景や夕暮れを楽しんでください。
 
     
 
動楽カドマエ:
何を目印にクルマを止めると、ベストポイントでしょう?
「奈良のアレックス」様:
展望台に近づくと左手にパラボラアンテナが見えると思います。
パラボラが見えなくとも右手の景色を時折注意をしていれば分かると思います。
 
   
  兵庫県 「Atari」様より  
 
穴場ドライブスポット
神戸市のポートアイランドの第二工区(正しい名称かどうかちょっと自信はないですが)。
おおまかに言えば、ポートピアランドの南東側約1km(近くには関空行きのジェットボート乗場が有ります)。
おすすめポイント
場所がら、北を見ると神戸の夜景が海側から見られる(普通は神戸の夜景は六甲山の3ヵ所の展望台からですが)のと、ポートピアランドの観覧車等も綺麗です。
アドバイス
昼に行くと、コンテナーを輸送するトラックが多く、風情もなにもないですし、その人たちの仕事の邪魔になるので夜に行きましょう。
エンジンを止めて、秋の涼しい海風を車に入れて景色を見てください。
思い出
阪神大震災の後、そのスポットの北に仮設住宅があり、知り合いが住んでいたので、帰りに時々その場所で神戸の夜景をみながら「この先、我が家も全壊で命は残ったものの、家族・仕事等どうなるのか・・・」と考え事をしていたのが、ついこないだの様に思い出されます。
道案内(大阪から行く場合)
国道2号線または阪神高速道路の京橋出口(神戸市内)で降りて、神戸大橋を渡ってポートアイランドへ。
真っ直ぐポートライナー線に沿って南へ向かって走ると、ポートアイランド南公園が正面に見えるT字路にあたりますので、左折(東)。
右手に南公園・神戸ポートピアランドを見ながら走ります。
また正面にT字路がありますから右折(南)してください。それから、ずっと行きます。その間は長い文章ですが、2回曲がるだけです。
曲がると、ポートアイランドの2期工事地区に入り、建物もまばらになってきますので、神戸シティエアターミナル(K−CAT)より南の方の適当な所でUターンして下さい。
神戸の夜景が海側から一望できると思います。事故の無いように来て、神戸の夜景を楽しんで下さい。
 
   
  注)上記スポットは、読者の方の投稿を元にご紹介しております。実際に「動楽カドマエ」が取材に行ったわけではございませんので、現実と相違がある場合、東洋ゴム工業はその責を負いかねます。また、読者の方にいただいた投稿は、原文に近いかたちで掲載を努めておりますが、スペースの都合上、若干の編集がありますことをご了承ください。  
   
 
Copyright 2000 TOYO TIRE & RUBBER CO., LTD