PAGE 2   PAGE 1
 
   
   
  1988年12月の再テストは
カリフォルニア州 リバーサイド スピードウェイで行われた。
ロサンジェルス郊外のこの場所は、今では住宅街となっている。

プラスチックのボディをはずして、リアサスペンションを確認するメカニック。
ラジアルタイヤの特性を生かすセッティングに変更したことで、
コーナリング性能が著しく改善された。
   
   
  再試作したタイヤが装着された「240SX」レース仕様。
パイプフレームで構成されたフロント部に搭載された
3リッターV6エンジンは、300馬力以上を発生する。
   
   
  リアボディを取り外すと120リットルの燃料タンクが現れる。
   
   
   
   
 
Copyright 2000 TOYO TIRE & RUBBER CO., LTD