○正解!<1>「タイヤの空気圧が適正よりも低いと、燃費が悪くなる」

タイヤの空気圧が適正よりも低いと、燃費が悪くなります。これは、空気圧が標準より低いとタイヤが変形しやすくなり、ころがり抵抗が大きくなってしまうためです。

せっかく性能が良いタイヤを履いていても、空気圧の調整を忘れていれば、損をしてしまうことに…。燃費を上げるためには、タイヤの空気圧をこまめにチェックし、適正な圧力に調整することが大切です。

今回ご紹介する『「燃費向上」大作戦の巻』では、燃費とタイヤの関係から、燃費を良くするための空気圧の設定方法、そして燃費良く走るための6つのテクニックまで、さまざまなポイントを説明しています。「最近燃費が悪いなぁ…」と感じている方は、ぜひチェックしてくださいね♪

閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。