×残念!正解は<2>「直射日光が当たらない場所で保管する」

タイヤの保管のポイントは、大きく分けると「ゴムの劣化を防ぐこと」と「タイヤの形が崩れないようにすること」の2つです。保管時の具体的なポイントをご紹介しましょう。

POINT1 空気圧を指定空気圧の半分程度に下げる

人間が力を抜いてリラックスするように、タイヤの緊張をほぐしましょう。

POINT2 ホイールに組んだままで保管する

タイヤの形を崩れにくくするためです。

POINT3 直射日光や雨を避けて保管する

雨風や直射日光はもちろん、空気中のオゾンにさらされることで、タイヤのゴムは劣化します。劣化を遅らせるには、直射日光や湿度の高いところを避け、カバーをかけて保管すると良いでしょう。

POINT4 平らなところに保管する

ホイール付きの場合、平らなところに平積みで保管します。
タイヤのみの場合は、つぶれて変形しないよう縦置きで保管します。

閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。