残念!正解は「プラットホーム
スタッドレスタイヤの寿命を知る一つの目安として「プラットホーム」があり、残り溝が新品の50%になると現れます。「スタッドレスタイヤはいつまで使えるの?」とお悩みの方は、「プラットホーム」をチェックしてください。
「プラットホーム」は、タイヤ側面の4〜6箇所に表示された矢印が示す接地面の溝にあります。(下記参考)
プラットホームの位置
プラットホームの位置
新品時 プラットホーム露出時
新品時 プラットホーム露出時
「プラットホーム」は、
溝の間にあります。
溝が50%まで摩耗すると
「プラットホーム」が
現れます。
ちなみに、「スリップサイン」はタイヤの使用限界の残り溝1.6ミリを示すもので、夏タイヤだけではなく、スタッドレスタイヤにも設けてあります。「セリアル」とは、タイヤの製造工場と製造年週を表示する刻印のことで、タイヤの側面にアルファベットと数字で表記されています。
閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。