正解!「非対称パターン」
「非対称パターン」とは、タイヤの外側と内側でデザインが異なるパターンのことです。
(下記参考)
 
初代ミニバン専用タイヤ「トランパスMP」が発売された1995年当時、「非対称パターン」は高い性能を要求されるスポーツタイヤなどに一部採用されている程度でした。しかし、「非対称パターン」をミニバン専用タイヤに採用することで、ミニバンに発生しやすい外側摩耗を防ぐことに成功。さらに、カーブの時のフラつきを抑え、路面をしっかりとグリップできるようになったのです。
ちなみに「非対称パターン」の装着方法は、タイヤの横腹に「OUTSIDE」、反対側に「INSIDE」と表示されているので、「OUTSIDE」が外側になるようにします。
閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。