○正解!「5回」
実車試験ではタイヤをクルマに装着して走行して、データ計測や官能試験を実施します。
データ計測では企業独自のルールで行うのではなく、独立行政法人自動車事故対策機構が定めたJNCAP(自動車アセスメント)の試験標準に準拠しています。

制動試験は通常5回行い、最大と最小のデータを除いた3回分のデータを速度補正して平均値を求めます。
試験標準には走行条件や走行方法と計測データの補正方法など細かいところまで規則があり、タイヤの性能試験もこの標準に従い実施しています。

今回の「テストドライバーQ&A」では、実際に走行試験を行うテストドライバーの姿をご紹介しています。
ぜひご覧ください!
閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。