×残念!正解は「5回」
タイヤの性能を評価する走行試験。
これは独立行政法人自動車事故対策機構によって定められたJNCAP(自動車アセスメント)の試験標準に準拠しています。試験標準は、タイヤの安全性と性能をより客観的に判断するため、試験方法の細かいところまできちんと決められています。
計測のための走行は通常同じ条件で5回行われ、最大と最小のデータを除いた3回分のデータを平均することで、より正確なデータが試験結果となります。

走行試験は、テストドライバーによる正確で再現性のあるテクニックにより行われています。この結果を基に新商品が完成し、皆さまのお手元に届くのです。
そのテストドライバーについては今回の「テストドライバーQ&A」でご紹介しています!
閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。