×残念!正解は「<2>のタイヤの溝」
ハイドロプレーニング現象に対して、水たまりの水深は極めて大きい影響がありますが、水温は凍らない限り関係はありません。
また、ブレーキのかけ方にも関係なく発生します。ハイドロプレーニングでブレーキが効かないのは、ブレーキをかける前にハイドロプレーニングが発生してタイヤが路面から浮いているためです。
一方タイヤの溝は、新品と比べて溝深さが半分を過ぎた頃から耐ハイドロプレーニング性能の低下が始まります。
【TOYO TIRES】が行っている実車ハイドロプレーニング試験の内容は、こちらからご覧ください!
閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。