○正解!「<3>のタイヤの空気圧を高く設定する」
タイヤの空気圧が低いと、タイヤが変形しやすくなり、ころがり抵抗(摩擦)が大きくなって燃費が悪くなります。タイヤの空気圧は徐々に抜けていきますので、この減少分を見込んで10%高く設定する(入れる)ことをおすすめしています。指定空気圧に保つことで、タイヤが十分に性能発揮します。せっかく性能の良いタイヤをはいていても、空気圧で損をしている人が多いのです。
ミニバン専用タイヤの新商品「トランパスMP4」は、高シリカ配合ゴムでころがり抵抗(摩擦)を当社従来品よりも約10%低減、環境性・経済性にも配慮した低燃費タイヤです。環境問題が注目されている現在だからこそ、こだわった低燃費タイヤ「トランパスMP4」の開発秘話をご覧ください。
閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。