×残念!正解は「<3>の指定空気圧より低めにして保管」
タイヤを保管する際は、指定空気圧の半分程度に下げて保管することをお勧めします。
タイヤに空気がパンパンに入っている状態だと、長期間保管するうちに変形する可能性があります。ゴムの負担を無くすためにも、人間がリラックスするようにタイヤの緊張もほぐして保管しておきましょう。オフシーズンのタイヤの保管状態が悪いとタイヤの寿命を縮めるだけでなく、いざという時に性能を発揮できなくなってしまいます。ちょっとした心配りでタイヤの寿命に差が出ますのでポイントを押さえて保管しましょう。
細心の注意を払っていても、どんなタイヤにも寿命がありますから、長期間保存していれば劣化する恐れがあります。装着時には必ずチェックをしてくださいね。
詳しくは、今回ご紹介の「タイヤの保管ポイント」をご覧ください。
閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。