○正解!<3>タイヤがロックされるのを防ぐ装置
ABS(アンチロック・ブレーキシステム)は、凍った路面など滑りやすい道路で急ブレーキをかけた時にタイヤがロックされるのを防ぐ装置です。

ABSが搭載されていても、雪道での無茶な運転は禁物!
降雪時は普段は予想できないような危険があります。例えば、交通量の多い交差点ではクルマの排気熱で路面の氷や雪が溶けて滑りやすくなっているのです。クルマはカーブ走行時のほかに、加速時や減速時にもバランスを崩しやすい状態になります。発進・停止の時にはペダル類は優しく操作し、余裕をもった運転を心がけましょう
そこで、今回は冬のドライブを快適に乗り切るために「雪道の発進とブレーキ」をご紹介!

今年の冬も安全運転でお過ごしください。
閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。