×残念!正解は<3>タイヤがロックされるのを防ぐ装置
ABS(アンチロック・ブレーキシステム)は、凍った路面など滑りやすい道路で急ブレーキをかけたときに、タイヤがロックされるのを防ぐ装置です。

タイヤがロックされてしまうとハンドル操作は効かなくなり、衝突事故などの原因になってしまうケースもあります。タイヤがロックされるのを防ぐために開発されたのがABSなのです。

しかし、ABSが搭載されていても、雪道での無茶な運転は禁物!
特にクルマがバランスを崩しやすいカーブ走行時、加速時、減速時には注意が必要になります。発進・停止の時にはペダル類は優しく操作し、余裕をもった運転を心がけましょう。詳しくは、今回ご紹介の「快適ドライブのコツ〜雪道の発進とブレーキ〜」をご覧ください。

今年の冬も安全運転でお過ごしください。
閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。