残念!正解は<1>が間違いでした。 応急用のスペアタイヤなので、空気圧が減らない構造になっている。
応急用スペアタイヤは通常のタイヤと比べて外径と幅を小さくして、トランクのスペースを確保しています。そのためタイヤの空気圧が高く設定されているのが特徴です。クルマの重さを空気で支えているため、通常のタイヤよりも小さな応急用スペアタイヤはたくさん空気を入れる必要があるのです。この応急用スペアタイヤの指定空気圧ですが、一般的な乗用車に搭載されているスペアタイヤはどれも同じ420kPa(キロパスカル)(4.2kgf/cm²)です。(通常のタイヤは200kPa前後)
パンクしても走行できる「ランフラットタイヤ」を装着したクルマには応急用スペアタイヤは搭載されていません。
応急用スペアタイヤも通常のタイヤと同じく、徐々に空気が抜けていきます。つい忘れがちになってしまう応急用スペアタイヤの空気圧点検。いざパンクした時、空気圧不足で使用できない…ではスペアタイヤの役目を果たせません。
応急用スペアタイヤの
空気圧点検も忘れずに!
そこで、今回は『第24回 長距離ドライブの「リスク・マネジメント」』をご紹介!応急用スペアタイヤの保管場所や交換について掲載しています。備えあれば憂いなし!今のうちに確認してみてくださいね。
閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。