×残念! 正解は<1>「パルプ・製紙工場の燃料」
2006年度に回収された約1億300万本の廃タイヤのうち、約半分が工場などの燃料として再利用されました。特にパルプ・製紙工場では、原油価格高騰の対策の一環としてタイヤを砕いたチップを石炭燃料に混ぜて燃やす動きが活発になっています。
その他にも、更生タイヤの土台や再生ゴムなど様々な方法でリサイクルされる廃タイヤ。『走れ!タイヤくん:第28回 役目を終えたタイヤは…?タイヤのリサイクル』では、廃タイヤのリサイクル状況に加え【TOYO TIRES】の環境への取り組みについてもご紹介しています。
東洋ゴムグループの約80%を超える社員が参加しているユニークな環境活動とは?詳しくはこちらです!
閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。