○正解!<3>「溝のないタイヤを金型に入れ熱と圧力を加える」
タイヤの「溝」は、タイヤの部品を組み合わせてできた表面がツルツルの「生タイヤ」を金型に一定時間入れ、熱と圧力を加えることにより「溝」がつけられます。こうして、タイヤに「溝」がつけられ、タイヤは完成します。その後、厳しい検査を経て、皆様のもとへとお届けしています。
今回ご紹介の「タイヤができるまで」では、お子様にも親しみやすい「タイヤくん」のキャラクターを案内役に、タイヤづくりの工程をわかりやすくご紹介しています。タイヤの溝のつけ方を始め、タイヤの素材、意外な製造工程をぜひチェックしてみてください。
「タイヤに熱と圧力を加える時間はどのくらい?」。つい誰かに話したくなる「タイヤくんクイズ」もお見逃しなく!
閉じる
画面を閉じる場合は、こちらの閉じるボタンをクリックしてください。