トーヨータイヤTOP > 楽しむ・学ぶ > 走れ!タイヤくん > 第2回 ローテーションのメリットは?

走れ!タイヤくん

第2回 ローテーションのメリットは?

「タイヤローテーションとは」

タイヤの寿命は走行距離にして、およそ3万kmから4万kmとされています。ところが、タイヤは装着する位置によって摩耗の仕方や進み具合が違ってきます。そこでタイヤの取り付け位置を入れ換えることでタイヤの摩耗を均一化させ、長持ちさせようというのがタイヤのローテーション(位置交換)です。

一般的には、フロントタイヤはショルダー部に、FR車(※1)はリヤタイヤのセンター部に摩耗が起こりやすくなります。
FF車(※2)では、フロントタイヤに制動力・駆動力、コーナリングの力が集中的に働くので、リヤの2倍またはそれ以上に摩耗が起こります。FF車(※2)ではとくに、ローテーションがタイヤの寿命を延ばすためにも有効です。

ローテーションは、5千kmから1万kmの走行ごとに行うのが適当でしょう。加減速が多かったり、直線よりもコーナーが多い道を走ることが多い場合は、早めにローテーションを行うことをオススメします。また、摩耗の初期のローテーションは、偏った摩耗を防ぐのにも役立ちます。

「タイヤローテーションの方法」

ローテーションの作業は、ガソリンスタンドやカーディーラー、タイヤショップなどの専門店に頼めば、実際の作業時間は30分程で行ってもらえます。 2,000〜3,000円程度かとは思いますが、料金を節約したいという人は、スタッドレスタイヤとの交換時などを利用して自分でローテーションを行うという方法もあります。スタッドレスタイヤがリムに装着されていることが条件となりますが、年に2回の機会が生まれます。

タイヤをローテーションする際は、ジャッキアップしたクルマからタイヤをそれぞれ外して前後を入れ換える作業となりますので、2輪を同時に上げた状態で作業します。ジャッキを2つ用意しましょう。

車載のパンタグラフジャッキに加わるもう1つのジャッキは、油圧式のガレージジャッキですと作業も少し楽に進めることができます。
※参考 「Q8.タイヤ交換の方法

ローテーション作業での注意点をもうひとつ。はずしたタイヤに「右前」「左後」などを書いたテープを貼って、どの場所に装着していたタイヤであるか一目で分かるようにしておきましょう。
取り外しの作業に夢中になっているうちに、元に付いていた場所がわからなくなってしまうと、しげしげとタイヤ表面の減り具合を確認し直さなければいけませんから。

「ローテーションできないタイヤ」

タイヤの摩耗を均一にしてタイヤ寿命を長くするために有効なタイヤローテーションですが、どんなクルマでも行えるわけではありません。

タイヤのサイズが前後で異なる車種は、ローテーションができません。日産のフェアレディZなどが該当します。
これらの車種は大きな馬力(※3)を受け止めるためとカーブでの遠心力の前後バランスを取るため、リヤタイヤがフロントタイヤより太くなっているからです。

非対称パターンのタイヤや方向性パターンのタイヤ、左右が決められているタイヤは、ローテーションの組合せが限られますので要注意です。

※下記の図は一般社団法人 日本自動車タイヤ協会による一例で、一般タイヤ(非対称及び対称パターン)の場合です。
使用状況によって適切なローテーションは変わりますので、詳しくは専門店にお問い合わせ下さい。

4本でのタイヤ交換

5本でのタイヤ交換

同一サイズの
スペアタイヤがある場合は、
必ず5本で位置交換

FF車 FR車及び4WD車

※前後輪でタイヤサイズが異なる場合、前後輪でのローテーションはできません。

(2011年10月改訂)

(※1)FR車
後輪駆動車。大型車やスポーツカーに多い。高いコーナリング性能を発揮する。

(※2)FF車
前輪駆動車。国産車に多い。安定した走りだが、コーナリング時に外にふくらむ傾向がある。

(※3)馬力
トルクに回転数を掛け合わせたもの。エンジンの回転数に比例して、大きくなる。



CLOSE