トーヨータイヤTOP > 楽しむ・学ぶ > 走れ!タイヤくん > 第24回 長距離ドライブの「リスク・マネジメント」

走れ!タイヤくん

第24回 長距離ドライブの「リスク・マネジメント」

普段とは違う風景を見ながら、運転を楽しめるのも長距離ドライブの魅力の1つ。今度のお休みにドライブもいいですね。そこで、今回は長距離ドライブのコツを特集しました。まずは「走れ!タイヤくん」らしく、タイヤのことからご紹介します。

お出掛け前のタイヤ点検

タイヤは、クルマの安全を支える重要な部品。クルマでお出掛けになる前には、「タイヤの点検」をお忘れなく。

【タイヤの点検ポイント】

  • タイヤの溝の深さは十分にあるか?
    タイヤの溝が減っていると滑りやすく、危険です。
    溝が半分以下なら交換を考えましょう。
  • タイヤの空気圧は適正か?
    空気圧不足(※1)だと安全性を損なうだけでなく、燃費も悪くなります。
  • タイヤが路面と接地する部分に異物・傷などがないか?
    これらはパンクの原因にもなります。

タイヤの点検方法は「タイヤのお手入れ徹底ガイド」をチェック

「スペアタイヤ」をチェックしよう!

履いているタイヤの点検に加えて「スペアタイヤ(応急タイヤ)」もチェックしましょう。スペアタイヤは万が一、タイヤがパンクしたときに使用する非常用のタイヤで、標準のタイヤに比べて外径と幅が小さく、空気圧が高く設定されているのが特徴です。

● 保管場所の確認

スペアタイヤは、トランクの底に収納してあるものが多いのですが、クルマによってはスライドドアのステップ部分の奥や車体の下にあります。事前に保管場所を確認しておきましょう。
また、スペアタイヤと一緒に工具類の確認もお忘れなく。少なくとも車体を持ち上げるためのジャッキホイールナットを回すためのレンチが必要です。軍手も忘れずに入れておきましょう。

ワンポイント
スペアタイヤや工具の格納場所などについては、「クルマの取扱説明書」に記載されています。

ワンポイント
インチアップ(※2)して特殊なホイールナットに替えている場合は、そのホイールナットを外せる工具を用意してくださいね。

● 空気圧の確認

一般社団法人 日本自動車タイヤ協会が、スペアタイヤの空気圧について1997年と1999年に実施した調査結果によると、ほとんどのスペアタイヤが指定空気圧(420kPa)を下回り、さらに半数近くのスペアタイヤの空気圧が危険なレベルにまで下がっていました。

タイヤの空気圧は保管しておくだけでも、日々低下しています。
スペアタイヤの点検はつい忘れてしまいがちですが、履いているタイヤの点検をする時に行なうようにしましょう。

ワンポイント
スペアタイヤの確認は、お出掛け直前に行なわないこと!荷物を積み込んだ後では、荷物をもう一回下ろして…と面倒なことになりますよ。

もし出先でパンクをしてしまったら…

道路の整備が進んでいる近年では、パンクはそう多く起こることはないといっても良いでしょう。(もちろん、タイヤの性能も向上しています!)しかし、油断は禁物です。
もし出先でパンクをしてしまったら、すぐにクルマを止めましょう。「少しぐらいは…」と無理をして空気が抜けたまま運転しようものならパンク修理だけでなく、タイヤごと取り替えなければなりません。安全な場所を確保し、JAFなどのロードサービスに連絡して援護を待ちましょう。

● タイヤ交換を行う場合

くれぐれも安全な場所でタイヤ交換を行なってください。交通量の多い道路での作業(特に夜間)は大変危険です。また、スペアタイヤはあくまでも非常用。交換したら安全運転で走行し、お早めに標準のタイヤに交換してください。

ドライバー自身のコンディションづくり

長距離運転は、ドライバー自身のコンディションづくりが大切。とにかく「疲れない」「眠くならない」ことがポイントです。

● こまめに休憩をとりましょう

出発前は十分に睡眠をとり、走行中もこまめに休憩をとるようにしましょう。眠気を感じたら、思い切って仮眠をとること。数分の睡眠でも思いのほかリフレッシュできます。

● 目的地までのルートはしっかり確認しましょう

どの道を通って、どこで休憩して、どこで食事をとるか、また想定していた道が混んでいたら、どこを迂回して行くかなど、よく計画を練りましょう。行き当たりばったりで迷ったまま運転していると疲労がたまってしまいます。

● 新鮮な空気を取り込みましょう

エアコンを使用する時には、車内の空気を循環させるのではなく、外気を取り込む設定がおすすめ。エアコン作動中でも車内の換気に心掛け、心身ともにリフレッシュしましょう。

眠気対策用のガムを噛んだり、冷たい缶ジュースを首の後ろに当てたりするのも効果的です。とはいえ、同乗者との楽しいおしゃべりが何よりの気分転換かもしれませんね。

第13回 渋滞を乗り切る7つの方法
第40回 渋滞を乗り切る7つの方法・2

(2011年10月改訂)

(※1)空気圧不足
タイヤ整備不良のワースト1記録を持ち、様々な弊害がある。詳しくは「走れ!タイヤくん:第19回」を参照。

(※2)インチアップ
リム径(ホイール)のインチを大きくすること。詳しくは、「走れ!タイヤくん:第21回」を参照。



CLOSE