トーヨータイヤTOP > 楽しむ・学ぶ > 走れ!タイヤくん > 第29回 「TRANPATH(トランパス)」シリーズのあゆみ 〜トランパスMP4登場篇〜

走れ!タイヤくん

第29回 「TRANPATH(トランパス)」シリーズのあゆみ 〜トランパスMP4登場篇〜

2007年1月、【TOYO TIRES】の主力商品「TRANPATH(トランパス)」のラインナップに新商品「TRANPATH MP4(トランパス・エムピーフォー)」が加わりました。
今回は、4代目ミニバン専用タイヤ「TRANPATH MP4」の誕生を記念して、ミニバン専用タイヤを中心にトランパスシリーズのあゆみをご紹介します。

ミニバンとミニバンタイヤ「トランパス」の変遷 TRANPATH MP(トランパス・エムピー) 他社に先駆け、非対称パターンの元祖!ミニバンタイヤ発売。 TRANPATH MP plus(トランパス・エムピープラス) ミニバンタイヤの多様な要求をクリアして非対称コンパウンドの、2代目タイヤ発売。 TRANPATH MP3(トランパス・エムピースリー) 多様化するユーザーニーズに応えてトリプルトレッド構造の、3代目タイヤ発売。 TRANPATH MP4(トランパス・エムピーフォー)  しっかりとした走りと、しなやかな快適さを両立。「スーッと走れるミニバンタイヤ」誕生。

その時、世界初のタイヤが誕生した!
〜「TRANPATH MP(トランパス・エムピー)」〜

初代ミニバン専用タイヤ「TRANPATH MP(トランパス・エムピー)」が誕生したのは、今から10余年前の1995年。当時は現在のようにミニバン(※1)が一般化していたわけではなく、セダン(※2)が乗用車の主流でした。

TRANPATH MPしかし【TOYO TIRES】は、ミニバンの使い勝手の良さに惚れ込んだ一人の社員の熱意によりミニバン専用タイヤの開発を進め、1995年7月、元祖ミニバン専用タイヤ「TRANPATH MP」を発売しました。

発想の転換が生んだ「TRANPATH MP」開発秘話

他社に先駆けた「ミニバン専用」という今までにない新しいコンセプト。ミニバン(※1)に限定したこの新しい発想は、すぐには市場に受け入れられませんでした。

しかし、転機が訪れました。きっかけは翌年、1996年のミニバンブームの到来です。ミニバン市場の拡大に伴い、汎用タイヤ(※3)への不満や物足りなさがクローズアップされ始めました。発売から2年、「TRANPATH MP」はミニバン専用タイヤとして注目され、大ヒットを記録しました。

更なる性能向上を求めて
〜「TRANPATH MP plus(トランパス・エムピープラス)」〜

TRANPATH MP plus「TRANPATH MP」の発売から4年の1999年、ミニバン(※1)がヒットを続ける中、ミニバン自体の使われ方も当初のキャンプなどアウトドア・RV用途から日々の生活の中で使用する街乗り用途へと変化していきました。
ミニバン専用タイヤの更なる性能向上を目指した【TOYO TIRES】は、新たに居住性(※4)に着目し、居住性能を高めた二代目ミニバン専用タイヤ「TRANPATH MP plus(トランパス・エムピープラス)」を発売しました。

お客様の声をもとに誕生
〜「TRANPATH MP3(トランパス・エムピースリー)」〜

ミニバン(※1)がクルマの主流となるに従い、他社からも次々とミニバンに特化した商品が発売され始めました。【TOYO TIRES】はミニバン専用タイヤの先駆者として、他社の追随を許さない次世代のミニバン専用タイヤを目指しました。

「ミニバン専用タイヤについて、ユーザーは実際、どう思っているのだろう」
ミニバンにお乗りの方が抱えている不満や悩みはどういうものなのか、当時の開発担当者は、まずはユーザーの声を聞くことから始めました。調査の対象としたのは、当社のメールマガジンである動楽メール」の読者でした。読者の中からミニバンユーザーを抽出、数百名の方にWEB上での掲示板形式で、当社の販売部門や技術部門の担当者と直接、自由に意見交換していただきました。

TRANPATH MP3そこで分かったのは「ミニバンにもっと走りを求めている」という、ミニバンユーザーの声でした。ミニバン専用タイヤとしての基本的な経済性能・居住性(※4)能に加えて、操縦性能や走行性能を強く求めていることが分かりました。
そして2003年、相反する性能を高いレベルで調和、もっと走れるミニバン(※1)をコンセプトとした進化したミニバン専用タイヤ「TRANPATH MP3(トランパス・エムピースリー)」を発売しました。

その後も拡大を続けるミニバン市場に後押しされ、「TRANPATH MP3」の出荷本数は売上前年比250%を達成し、ヒットを続けました。

ラグジュアリーミニバン専用という新しい発想
〜「TRANPATH Lu(トランパス・エルユー)」〜

TRANPATH Luますます多様化するミニバン市場──。「TRANPATH」が誕生10周年を迎える2005年、【TOYO TIRES】はその中でもトヨタの「アルファード」、日産の「エルグランド」、ホンダの「エリシオン」といったラグジュアリーミニバンをターゲットとした車輌限定の専用タイヤの開発に取り組み、「TRANPATH」シリーズの最高峰モデル、ラグジュアリーミニバン専用タイヤ「TRANPATH Lu(トランパス・エルユー)」を発売しました。「TRANPATH Lu」では、ミニバン(※1)のサイズ大型化、ユーザーの強い高級志向・居住性(※4)志向に応える静粛性、乗り心地を実現しました。

今度のトランパスはあなたにもわかる!
〜「TRANPATH MP4(トランパス・エムピーフォー)」〜

TRANPATH MP42000年以降、ミニバン市場では多様化が進み、一口に「ミニバン」と言っても、さまざまなタイプの車種を指すようになりました。また、ミニバンに高い静粛性や快適な乗り心地を求める傾向は一層強くなりました。

高い性能を誇る「TRANPATH MP3」はユーザーからすでに高い評価をいただいており、これをより進化させた形での新商品開発を進めてまいりました。

あらゆるタイプのミニバンに、同じように快適な走りを提供したい。そのような願いから、「TRANPATH MP3」の高い走行性能、しっかり感はそのままに、相反する性能である「しなやかさ」を加えた「TRANPATH MP4(トランパス・エムピーフォー)」を開発、2007年1月に発売しました。
「形状」、「構造」、「配合」、「パターン」の4つの基本技術を向上させ、シートに座るすべての人にその性能を実感していただける、まさに「ス─ッ」と走れるミニバン専用タイヤとして進化しました。

クルマごとの特性を引き出す 〜「TRANPATH」シリーズ〜

現在、「TRANPATH」シリーズでは、ミニバン専用タイヤの「TRANPATH MP4」をはじめさまざまなミニバン専用タイヤを発売しています。


現在発売中の「TRANPATH」シリーズ

もっと楽しく、快適なドライブのために 〜【TOYO TIRES】の決意〜

【TOYO TIRES】では、「TRANPATH」をはじめとする商品開発において、これからもクルマの特性を一つ一つ踏まえながら、優れたドライバビリティ(※7)や乗り心地、安全性、環境への配慮まで含めた総合的なパフォーマンスを追及すべく、乗る人全ての方にもっと楽しく快適なドライブをお楽しみいただけるようなタイヤ作りを目指していきます。

(2008年9月改訂)

(※1)ミニバン
車高が高く室内が広いクルマで、ファミリーカーとして広く普及している。詳しくは「初心者必見!カーライフ講座:Q8」を参照。

(※2)セダン
座席とトランクが分離されたクルマで、最もオーソドックスな乗用車。詳しくは「初心者必見!カーライフ講座:Q8」を参照。

(※3)汎用タイヤ
特定の車種だけでなく、幅広い車種に装着できるタイヤのこと。

(※4)居住性
乗心地と静粛性の良いこと。クルマに要求される性能の一つだが、タイヤで改善することもできる。

(※5)アーバンSUV
都市型SUVのこと。SUVとは「Sports Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)」の略で、RV(レジャー用多目的車)の一種。
詳しくは、「初心者必見!カーライフ講座:Q8」を参照。

(※6)ダート/マッド
舗装されていない凸凹道。土や砂利、石などがゴロゴロしている。

(※7)ドライバビリティ
クルマの走行性能。(クルマの)運転のしやすさのこと。



CLOSE