トーヨータイヤTOP > 楽しむ・学ぶ > 走れ!タイヤくん > 第37回 「環境を考えたタイヤづくり」〜【TOYO TIRES】のeco対策

走れ!タイヤくん

第37回 「環境を考えたタイヤづくり」〜【TOYO TIRES】のeco対策

現在、地球温暖化をはじめ、地球環境にはさまざまな問題があります。タイヤメーカーとして、私たち【TOYO TIRES】にできることは、何か──。タイヤづくりにおいて、「安全」「安心」はもちろんですが、「楽しさ」そして「環境」が調和したタイヤを提供できるよう、日夜、研究・開発に取り組んでいます。

地球温暖化防止のためにできること
低燃費用タイヤの開発
クルミ入りスタッドレスタイヤの秘密
チャレンジ25キャンペーンに参加しています!

地球温暖化防止のためにできること

地球温暖化防止対策のひとつとして、輸送の際の二酸化炭素(CO2)排出量抑制があります。【TOYO TIRES】では、タイヤを通じて、クルマから排出される二酸化炭素量の抑制に貢献するため、低燃費用タイヤの開発に取り組んでいます。

低燃費用タイヤの開発

【TOYO TIRES】では、現在、乗用車用低燃費タイヤ「トーヨーTEO plus」、トラック&バス用低燃費タイヤ「ZEROSYS」を開発し、ラインナップの充実を行っています。


TOYO TEO plus(トーヨー・テオ・プラス)

M166 ZEROSYS(エムイチロクロク ゼロシス)

M666 ZEROSYS(エムロクロクロク ゼロシス)

M966 ZEROSYS (エムキュウロクロク ゼロシス)

低燃費用タイヤにおいて【TOYO TIRES】では、乗用車用タイヤ及びトラック&バス用タイヤそれぞれに素材開発から取り組み、ころがり抵抗(※1)を低減させる素材技術を開発しました。タイヤのころがり抵抗は、低減することによって燃費を向上することができます。
乗用車用低燃費タイヤ「トーヨーTEO plus」には、「シリカ配合コンパウンド」を、トラック&バス用低燃費タイヤ「ZEROSYS」にはシリカ配合の「ZEROSYSコンパウンド」を採用し、二酸化炭素排出抑制及び低燃費化を達成しました。

(★1)●試験場所/東洋ゴム工業 タイヤ技術センター●試験タイヤ●評価タイヤ(新品)TOYO TEO plus 215/45R17 87W●比較タイヤ(新品)TRAMPIO Vimode 215/45ZR17/試験条件●試験装置:ドラム式ころがり抵抗試験機●リムサイズ:17×7-JJ●タイヤ空気圧:220kPa●荷重:380kgf●測定温度:25±1℃

(★2)●試験場所/東洋ゴム工業 タイヤ技術センター●試験タイヤ●評価タイヤ(新品)TOYO M166 11R22.5 14PR●比較タイヤ(新品)TOYO M125ZB 11R22.5 14PR/試験条件●試験装置:ドラム式ころがり抵抗試験機●リムサイズ:22.5×7.50●タイヤ空気圧:700kPa●荷重:2500kgf●測定温度:25±1℃

(★3)●試験場所/東洋ゴム工業 タイヤ技術センター●試験タイヤ●評価タイヤ(新品)TOYO M666 11R22.5 14PR●比較タイヤ(新品)TOYO M614ZB 11R22.5 14PR/試験条件●試験装置:ドラム式ころがり抵抗試験機●リムサイズ:22.5×7.50●タイヤ空気圧:700kPa●荷重:2500kgf●測定温度:25±1℃

(★4)●試験場所/東洋ゴム工業 タイヤ技術センター●試験タイヤ●評価タイヤ(新品)TOYO M966 11R22.5 14PR●比較タイヤ(新品)TOYO M919 11R22.5 14PR/試験条件●試験装置:ドラム式ころがり抵抗試験機●リムサイズ:22.5×7.50●タイヤ空気圧:700kPa●荷重:2500kgf●測定温度:25±1℃

クルミ入りスタッドレスタイヤの秘密

【TOYO TIRES】では、環境への配慮として、スタッドレスタイヤに100%天然素材の“鬼クルミ”を配合した「NEO吸水クルミックスゴム」と「吸着ナノゲルゴム」を採用しています。アイスバーンは削っても、アスファルトは削らない。氷に強く、環境にやさしい素材のクルミは、スタッドレスタイヤに求められる走行性能・環境性能を高次元に発揮させるうえで、まさに理想的な素材です。

鬼クルミの殻 顕微鏡写真
鬼クルミの殻
顕微鏡写真
モース硬度による硬さ概念図
モース硬度による硬さ概念図
クルミ顕微鏡写真
「NEO吸水クルミックスゴム」の表面電顕写真

そして、従来品の“鬼クルミ”によるひっかき効果に加え、2007年より吸水・密着効果をより向上させた吸水カーボニックパウダー・高分散シリカ配合の「NEO吸水クルミックスゴム」、2009年より吸水カーボニックパウダーと低温下で変形が大きく全体の柔軟さを保つナノゲル配合の「吸着ナノゲルゴム」を使用、環境への影響に考慮したタイヤづくりに取り組んでいます。


OBSERVE GARIT GIZ(オブザーブ・ガリットギズ)

GARIT G5(ガリット・ジーファイブ)

WinterTRANPATH MK4α(ウィンタートランパス・エムケーフォー アルファ)

OBSERVE GSi-5(オブザーブ・ジーエスアイ ファイブァ)

チャレンジ25キャンペーンに参加しています!

チャレンジ25キャンペーン」とは、CO2削減に向けた具体的な行動を提案し、その実践を広く国民によびかけている国民運動です。
東洋ゴムグループでは、地球温暖化を促進させる原因となっている温室効果ガスの排出量削減に取り組んでいます。

未来が変わる。日本が変える。 チャレンジ25%

(2014年7月改訂)

(※1)ころがり抵抗
タイヤはころがる際に変形により熱エネルギーが発生します。
また路面との摩擦でもエネルギーを損失します。
タイヤの変形を抑え発熱の少ないコンパウンドを採用することでころがり抵抗を低減させます。



CLOSE