トーヨータイヤTOP > 環境・開発技術 > 材料設計基盤技術「Nano Balance Technology」

材料設計基盤技術「Nano Balance Technology」

TOYO TIRESでは、タイヤ制動時におけるエネルギーロスを低減するために、ナノレベルでゴム材料開発を制御する「Nano Balance Technology(ナノバランステクノロジー)」を体系化。
これは、ゴム材料の「ナノ分析」「ナノ解析」「ナノ素材設計」「ナノ加工」という4つの体系を横断的に統合した独自のタイヤ技術基盤であり、次代に求められるタイヤの技術革新の軸となっています。

Nano Balance Technology

真の姿を知る

タイヤコンパウンドを構成するフィラーやポリマーの状態をナノレベルで精密観察します。

メカニズムが解る

タイヤコンパウンドを構成するポリマー分子の運動をシミュレートし、原子/分子レベルからエネルギーロスを予測します。

<分子動力学シミュレーション>

ゴム分子レベルで動きが抑えれる技術により、ゴム分子の動く量が抑えられています。(左図)
これにより、ゴムの発熱が抑えられ、エネルギーロスによる転がり抵抗悪化が抑制されます。

<フィラー充填ゴムのFEMシミュレーション>

素材の分散を良くすることで、素材同士の摩擦を制御します。
色が赤く変化しているのは歪みが集中していることを示し、
新配合は歪みが均一になりエネルギーロスが小さいことが分かります。

より良い素材を組み合わせる

ナノ分析・解析から検証されたデータをもとに最適な素材を用い理想的なコンパウンド設計を行ないます。

<フィラーの分散>

フィラー(カーボン・シリカ等の補強剤)が凝縮するとフィラーと
ゴム分子の動きのバランスが崩れます。フィラーを分散させることで、
ゴムとフィラーのバランスが良くなり、ロスが少ないゴムになります。

性能を最大限に引き出す

ナノ素材設計で組み合わせた素材を最適条件で加工し最大限の性能を引き出します。

4つのナノ技術の総和 常に進化し続ける材料設計基盤技術
Nano Balance Technology


CLOSE