トーヨータイヤTOP > 環境・開発技術 > シミュレーション技術「T mode」

求められる性能に応えるテクノロジー 新タイヤ設計基盤技術「T mode」

T mode

TOYO TIRESでは、タイヤづくりの基本である「対応力」の向上のため、新タイヤ設計基盤技術「T mode」を導入しています。
これは、伝統的な技術であるタイヤシミュレーションに加え、あらゆる車種でのクルマの挙動をコンピュータで解析するドライビングシミュレーションを融合させたTOYO TIRESならではの独自システムです。
これにより「SENSE」「STAGE」「SOCIETY」のそれぞれのニーズに対応し、タイヤの「構造・パターン・ゴム配合」の最適化を図り、クルマの種類と使い方に合わせたタイヤ設計を可能にします。

※「T mode」とは、さまざまなmode(スタイル/様式/流行/専用性)をもったタイヤづくりを可能にするTOYO TIRES TECHNOLOGYの総称です。



ドライビングシミュレーションでは、車重や全長などのさまざまな情報はもちろん、乗員数や荷物の量、さらには走行パターンまでをコンピュータ上で細かく再現。タイヤにかかる負荷や状態を計算できるようになりました。これにより、走行中に刻々と変化するタイヤの状態を把握でき、タイヤ単体でのシミュレーションや評価のために必要な高精度の情報を豊富に得ることができます。

制動性シミュレーション

あらゆる路面でクルマが止まるときに起こるタイヤへの影響を、想定されるさまざまな状況下においてシミュレートします。

レーンチェンジ・横風シミュレーション

クルマが横風を受けたり、レーンチェンジを行ったときのクルマのふらつきや収まりをシミュレートします。

スラロームシミュレーション

クルマがスラローム走行したときのクルマの動き、タイヤへの負荷などをシミュレートします。

コーナリングシミュレーション

コーナリング時のクルマやタイヤの挙動をシミュレートします。


近年、コンピュータを駆使したタイヤの挙動や構造の解析は、タイヤの開発には不可欠な技術となりました。コンピュータの高速・大容量化にともない、その技術は年々進歩し、現在ではより精密で高度なシミュレーションが可能となっています。これをドライビングシミュレーションと結合させることで、その機能は有効なものになり、最適なタイヤづくりが実現できます。

パターン設計シミュレーション

すべての性能に影響をおよぼすタイヤパターンの溝、スリットやサイプなどの形状を設計するためにタイヤパターンの変形挙動や接地状態を詳細にシミュレートします。

転がり抵抗抑制シミュレーション

燃費性能の向上のため、転がり抵抗を抑制する上で非常に重要となるゴム配合、タイヤプロファイルや構造などの配合・タイヤ設計をシミュレートします。

構造設計シミュレーション

さまざまなクルマや、路面状況に応じて変化するタイヤの構造や剛性を細部にわたりシミュレートします。

摩耗シミュレーション

タイヤの耐摩耗性を向上させるため、各種車両やさまざまな走行条件を元に、タイヤ接地面の摩擦エネルギーをシミュレートします。

ハイドロプレーニングシミュレーション

走行中のタイヤの溝が路面の水を排出する様子を、速度ベクトルや水量ごとに細かくシミュレートします。

振動シミュレーション

振動性に影響をおよぼすロードノイズ。その原因となる走行時に起こる微少振動をシミュレートします。

スノー路シミュレーション

クルマが実際に雪道を走行した際の挙動やタイヤへの負荷などをシミュレートします。

CLOSE