トーヨータイヤTOP > 楽しむ・学ぶ > 何でもタイヤ講座 > Q8.タイヤの交換方法を教えて!準備篇

何でもタイヤ講座

Q8

タイヤの交換に必要なものって何ですか?
急なパンクのときなどには、まず何をすれば良いのでしょうか?

A8

スペアタイヤ、ジャッキ、軍手などが必要です。
事前に、スペアタイヤがどこにあるかを確認しておきましょう。
パンクが起きたら、まずは安全な場所に移動することが大切です。

安全な場所を確保してスペアタイヤを取り出す

セダン(※1)を例にとって、タイヤ交換に必要な準備を見てみましょう。

クルマを停める1)クルマを停める
カーブのきつい場所や坂道避けて安全な場所に駐車し、後続車に見えるように「非常用三角停止板」を立てて、ハザードランプ点滅させる。

トランクを開ける2)トランクを開ける
一般的にセダン(※1)の場合は、スペアタイヤはトランクの下に保管されていることが一般的です。車種によって、ラゲッジルームの下座席の下車体の外など、スペアタイヤの保管場所が違いますので注意が必要です。

中蓋をはずす3)中蓋をはずす
トランクの底のシートをはずします。

タイヤを確認4)タイヤを確認
ホイールが黄色いタイヤが、スペアタイヤ(テンパータイヤ)です。

タイヤをはずす5)タイヤをはずす
固定してあるタイヤのホイールの中央を緩めます。

タイヤを取り出す6)タイヤを取り出す
スペアタイヤは、普通のタイヤよりも幅の狭い応急処置用のタイヤです。あくまで応急タイヤなので、早めにパンク修理をするか、もしくはタイヤを買い換えましょう。

ジャッキの保管場所●ジャッキの保管場所
車載ジャッキは、タイヤ同様トランクやラゲッジルームの下などに保管されています。車種によって違いますので、わからない場合はクルマの取り扱い説明書をチェックしましょう。

取り扱い説明書●取り扱い説明書
運転席の脇のグローブボックスに入っているとことが多いので、困った時はまず取り扱い説明書を見てみましょう。

軍手●軍手
タイヤ交換の作業には、事前に軍手を用意しておきましょう。

スペアタイヤの空気圧

スペアタイヤの空気圧表示 いざというときに、結局スペアタイヤも使えなかった…ということにならないために、タイヤの空気圧点検の際には、スペアタイヤの空気圧も測りましょう。スペアタイヤの空気圧は、指定空気圧(※2)とともに表示してあるほか、スペアタイヤそのものにも表示されています。

(2008年8月現在)

(※1)セダン
座席とトランクが分離されたクルマの型。最もオーソドックスな乗用車。詳しくは、「初心者必見!カーライフ講座:Q8」を参照。

(※2)指定空気圧
クルマごとに決められた新車装着タイヤの空気圧のこと。詳しくは、「何でもタイヤ講座:Q4」を参照。



CLOSE