トーヨータイヤTOP > 楽しむ・学ぶ > 何でもタイヤ講座 > Q10.うちのタイヤがカタログにないのですが…

何でもタイヤ講座

Q10

うちのクルマのタイヤをカタログで探したのですが、見つかりませんでした。
新車についてきたタイヤなのですが、普通には売っていないのでしょうか?

A10

新車には、市販のタイヤではなく、そのクルマ用に開発されたタイヤが
装着されています。新車装着タイヤは、タイヤメーカーから自動車メーカーに
納入されるため、カタログにないのです。

新車装着タイヤとは?

そのクルマのコンセプト(※1)を実現させるために、性能のバランスが要求されるタイヤです。そのクルマの良し悪しに直接関わるため、新車装着タイヤを決めるまでに、自動車メーカーは様々なテストをします。つまり、タイヤメーカー技術力問われる場なのです。
例えばそれは、静粛性に優れたクルマのタイヤを要求された時、ウェット性能を捨てて(※2)静粛性をとるのではなく、排水性と静粛性という相反する性能を同時に満たしたタイヤを短期間で開発する技術力です。

市販のタイヤと新車装着タイヤの違いは?

市販のタイヤ新車装着タイヤとでは、タイヤの開発プロセス異なるので、タイヤそのものの特徴にも違いがあります。
「新車装着タイヤから市販のタイヤに変えたら、乗り心地が良くなりました」といったお話を聞くことがあります。この場合、交換した市販のタイヤが、乗り心地の良さを追求したタイヤだったのではないでしょうか。
一方、タイヤ交換の際に新車装着タイヤを指定するメリットもあります。例えば、低燃費をうたっているクルマのタイヤは、低燃費性能を追求した転がり抵抗の小さなタイヤであることが多いので、新車装着タイヤを指定することで低燃費性能を活かせるのです。

新車装着タイヤの追加注文はできるの?

新車装着タイヤに交換したい場合は、カーディーラータイヤ販売店などに注文できます。新車装着タイヤは、種類が多いためタイヤ販売店には置いてありませんが、タイヤメーカーでは、注文を受けた後、可能な限り早急に納品させていただきます。

※新車装着用パターンについては、こちらをご覧ください。

(2008年8月現在)

(※1)クルマのコンセプト
この場合、乗り心地の良さや低燃費など、クルマを開発する際に決める特長のこと。

(※2)ウェット性能を捨てて
極論を言えば、タイヤノイズを抑えるにはトレッドパターンをなくせば良いが、そうするとタイヤと路面の間の水を逃がすことができず、排水性が落ちてしまう。



CLOSE